体幹を鍛える運動でダイエットにつなげよう

体重の増加に悩む中高年の奥様に運動を取り入れたダイエット方法を紹介します。
ご存じのとおり、太っていると見栄えが悪いだけではなく、腰痛、高血圧などの生活習慣病の原因になります。
心臓や脳に負担がかかるので心筋梗塞や脳卒中のリスクも高くなります。
痩せるためには、「摂取して体に取り入れるカロリー<体内で消費するカロリー」の計算式が成り立つようにしないといけません。
最近は食事そのものを低カロリー高たんぱくの物に置き換えたり、食事をしても体に吸収されにくくするお薬が出たりしていますので、こちらの併用も考えた上で、体内で消費するカロリーを増やしていく方法を考えます。
よく言われるのが基礎代謝を増やす体幹の筋力アップです。
普通に運動をしてもなかなかカロリーを消費することはできません。
例えばエアロバイクを30分漕いでもご飯一杯分のカロリー消費にもならないとがっかりしてしまいます。
一日に腹筋を20回×2セットを1か月程度つづけると体幹の筋力アップにつながり、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が増えれば普通の日常生活の動作だけでも消費カロリーが大きくなります。